Liberty Nickel

Liberty Nickel(1883-1913)

1883年、Liberty HeadニッケルはShieldニッケルに代わり導入され、1912年まで鋳造されました。このシリーズのほとんどの年代は入手が容易ですが、1913年は1804 Silver Dollarと1894S Dimeと並ぶアメリカを代表する超稀少コインです。
事実、1972年に10万ドルの壁を、そして1996年に100万ドルの壁を最初に破ったコインこそが、1913 5¢ Liberty Headです。

Liberty Headニッケルシリーズは1912年12月に終了し、1913年には新デザインのBuffaloニッケルに置き換えられました。実は1913年のLiberty Headは存在する筈のないコインなのです。
しかし、現実には5枚の1913 Liberty Headが存在しています。
当時5枚のコインを所有していたサミュエル・ブラウンという人物は、1912年から1913年まで造幣局に勤務しており、在職時に仲間と一緒に造幣局の設備を使ってコインを密造していた?という説が有力のようです。

その後、5枚は別々のオーナーの引き取られていきました。そのうち1枚はスミソニアン博物館に寄贈されていますので、世界で4人だけがこのコインを手にすることができます。

参考価格
1912D MS65 CAC $1,320(2020年8月HeritageAuction)
1912D 5C MS65 CAC

1895 PR66 CAC $13,200(2020年6月HeritageAuction)
1895 5c PR66

1913 PF64 $3,737,500(2010年1月HeritageAuction)
1913 5c PF64

 

関連記事

TOP